FC2ブログ
赤ちゃんの乾燥肌に効果的なクリームとは
赤ちゃんの乾燥肌に効果的な食事方法とは
コンテントヘッダー

赤ちゃん乾燥肌

赤ちゃんは生後6ヶ月までは乾燥肌になりやすかったりします。

部屋の暖房が長時間使用にならないようにし、湿度を一定に保ってあげましょう。

入浴後には、保湿クリームを塗ってあげるといいですね。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

赤ちゃんのブツブツ

乾燥肌の赤ちゃんの湿疹について見ていきます。
酷いブツブツに悩まされている生後間もない赤ちゃんもいます。
生まれてから3ヶ月位までは乾燥肌が原因と言う事ではなく、乳児湿疹と言うもののやうです。
(我が家の場合はアトピー体質によるものなので、乳児湿疹レベルでは無いのですが・・・)
3ヶ月を過ぎると赤ちゃんの肌はコレまでと違って乾燥肌になってきます。
皮脂の分泌量が急激に減ってしまうためです。

タダでさえ大人の半分~3分の一しか無い薄さの赤ちゃんのお肌。
このお肌を守ってくれる皮脂が少なくなってしまうと言う事は、外からの刺激を受けやすい状態と言う事です。
ごわごわの服とか静電気が置きやすい化学繊維の素材、刺激の強い洗剤とか、衣類に残留した合成洗剤とか、ハウスダストとか・・・

赤ちゃんを取り巻く環境にはたくさんの刺激が待っていますので、ブツブツとその刺激による湿疹が出る子が多いようです。
これがそう簡単になおら無いと「アトピー」と診断されてしまう赤ちゃんも現代では多いようですね。
我が家の子達も全員例外では有りませんでした。

乾燥して、ブツブツが出来た肌は強いかゆみを伴っている事が多いです。
赤ちゃんは自分の手を上手く痒い場所に持って行く事が出来ません。
顔とか頭とかをどこかにこすり付けたりするしぐさが多い時は、かゆみが原因かもしれません。

夜中泣くのも、痒いことが原因の一つになっている場合が有るように感じます。
いずれにせよ、あまりにも炎症が広がって痒がっているようでしたらお医者さんに早めに連れて行って、親子共にストレスの少無い生活を送る事が望ましいですね。




人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

赤ちゃん・子供・幼児の乾燥肌

<原因>
赤ちゃんや子供、そして幼児の肌は、とてもみずみずしくて乾燥肌とは無縁。そう思っている人が多いかと思いますが、じつは、赤ちゃんでも子供でも乾燥肌になります。

赤ちゃん・子供・幼児が乾燥肌になってしまう原因は、皮膚が薄いことです。あかちゃんや子供の肌の角質層は、大人の半分の厚さしかありません。ですから、赤ちゃんや子供の角質層は、少しの刺激で簡単に剥がれてしまいます。そのため、肌の水分も保たれにくいわけです。

また、赤ちゃんや子供の肌は、皮脂の分泌が非常に少ないのも乾燥肌の原因です。大人の肌は、皮脂によって天然の保湿クリーム(皮脂膜)を作り出し、肌を乾燥や外部の刺激から守ります。しかし、赤ちゃんや子供の肌は皮脂が少ないので、天然の保湿クリームが作られず、肌のバリアがない状態なのです。

生後2ヶ月くらいまでは、胎内でもらった母親の性ホルモンによって皮脂の分泌が活発に行われます。皮脂の分泌が活発なので、皮脂膜で覆われています。しかし、生後3ヶ月を過ぎると、胎内でもらった母親の性ホルモンもなくなるため、皮脂の分泌がほとんどなくなり、とても乾燥しやすい肌になってしまうのです。およそ10歳くらいまで、この状態が続くので、乾燥から肌を守る対策が必要です。


人気ブログランキングへ
ベビー用クリーム
ベビーローション
ベビーバーユマドンア
ベビーローション
ピアバーユ
メール購読ホーム


提供:PINGOO!
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
時計
最新記事
最新コメント
ペット
最新トラックバック
天気
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。
Try ハイボール
月別アーカイブ
カテゴリ
サウンド
ゲーム
安心でおいしい贈り物 お中元はセコムの食で!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
地図
リンク
ニュース
QRコード
QR